室伏広治の筋肉を作るトレーニングとは?握力や身体能力が超人的すぎる!

伝説の武術家、格闘家、スポーツ選手、世には凄い歴史を残してきた人物は多数います。しかし、その多くは文献に残っているものであり実際にその凄さを確認できたものはごくわずか。話が誇張されているものも多いのでは?

まあ、その辺は何というか男のロマン?真実はどうであれ、誇張であったとしてもそーいう人物が過去に存在したとういことを語り合うのもまた面白いものです。しかし、誰もが否定しようがない生きる伝説が存在するとしたら…

身体能力でいえば世界最強と言えるのはやはり室伏広治の右に出る者はいないと思うのです。確かに今世界で活躍するアスリートはすごいです。だけど、室伏広治選手はハンマー投げの選手で金メダリストでもあります。

日本人、ルーマニア人のハーフ、身長187㎝、体重100kg

室伏選手はハンマー投げ以外でもこれまで数多くの伝説を残してきたスーパーアスリートでもあります。そこで、室伏広治選手のムキムキのカラダ。どれだけすごいのか?トレーニングなどについてお話ししていきたいと思います。

室伏広治の握力が次元違い。

日本人男性の平均的な握力の数値は、45kg程度。50kgあればまずまず強いほう。60kgもあれば結構びっくりされるレベルです。ただ、60~70kg程度ならCOCグリッパーを一生懸命握りこんでいれば比較的早く到達できるレベルです。

握力の鍛え方!ハンドグリップできる効果的なトレーニングとは?

ただ、70kg~80kgを突破するとなかなか増強されていきません。ここはセンスが問われるのでしょうが、いかにして神経を開放するかがキモになります。握力トレーニーが目指す第一関門はCOCグリッパーNO3

グリップの端でも100kg程度はあります。中心部であれば127kg。これを片手で気合いを入れて「ガツン!」と一発クローズするのは並大抵なパワーでは成し遂げられないのです。ところが、室伏広治選手はたまたま練習でCOCグリッパーNO3を閉じてみたらあっさりとクローズすることに成功してしまったのです。

琴欧州の握力120kgを余裕で突破しています。実際のところは130kgぐらいはあるのではないだろうか?そんな噂もされていますが…ちなみに、室伏選手よりも体重が50kg近くも多いボブサップですら握力は98kg。そう考えると凄いんですよね。

室伏広治の背筋力が世界クラス

日本人男性の平均的な背筋力の数値は、男性で140kg程度です。私も高校生の頃に計測したときはそんなもんでした。テレビでボディビルディングの凄い人が背筋力を計測。二百数十キロを出すのでこれはすごい。

では、室伏選手の背筋力は…

389kg!

普通の男性の3倍近くもあるじゃないですか。ちなみに、背筋力で世界最高記録を出しているのはロシアのレスリング選手、アレクサンドル・カーリンが400kgを超えています。それと同等のレベルなのでもはや人間離れしています。刃牙の世界に登場してきそうですね。

そして、霊長類最強といえばやはりゴリラ。ゴリラの背筋力が500kgと言われているので、ほとんど変わらないのが凄いです。一生懸命デッドリフトを頑張ってもそこまでにならない人が多い中、室伏広治さんはどんな鍛え方をしているのでしょう?

室伏「始球式って初めてだから下手かも…」でも131kmの投球(笑)

室伏さんはこれまで野球をやったことがなくボールの投げ方すらわからなかったそうです。始球式に登場してよくわからないけどテキトーに力任せに投げてみたら131kmという剛速球をたたき出しました。

この時点でプロ野球選手のトップクラスです。本当に投げ方を見ると、プロ野球選手のように足と体幹を連動させてうまくエネルギーを腕に伝える。というテクニックが凝縮されたようなフォームではありません。

野球部にたまたま遊びに来た陸上部の選手が見よう見まねで投げてみた。そんな感じ。力任せにとりあえず思いっきり投げる。それだけ。なんの技術もない。けれども、一生懸命練習しても到達できる人は少数。131kmというスピードです。

観戦していたプロ野球選手一同が「すげ~」監督ですら「すげ~」と言わざる負えないです。素人が素人の投げ方で131kmの投球を出せるなんて話は聞いたこともない。歴史を残した前代未聞の室伏伝説の一つでもあります。

この筋肉ボディーで100m走10秒5で走りきる!

筋肉をつけると重くなってスピードが殺されると語る人もいますけれども室伏さんの場合はそれはないです。185㎝、体重100kgという筋肉の塊が100m走の記録が10秒5です。この時点で少し練習を積むだけでオリンピックに出場できるだろう。

しかも、好成績を残せるでしょうね。室伏選手は過去にも伝説を残しており、『スポーツマンno.1決定戦』が出禁になったのです。なぜかというと、室伏選手が強すぎてどんな競技でもほかの選手が相手にならず子ども扱いされるぐらいの差。

ビーチフラッグスでは数々の有力選手をなぎ倒す。ラグビー日本代表の大畑大介、100m金メダリストのドノバン・ベイリーですら全く相手にならないです。武井壮さん経由で知り合った高校アムレスリングチャンピオンと遊びで腕相撲をしてみる。

チャンピオンが本気で倒しにかかっても全く室伏さんの腕はびくともしない。不敵な笑みを描きながら最後はチャンピオンの手の甲を軽くテーブルに押し付けて勝利してしまうなど瞬発力においても優れているのです。

幅跳びで日本一

室伏選手は瞬発力においては非常に優れています。短距離走、腕相撲、ビーチフラッグス、など。どれをやっても好成績を残します。そして、立ち幅跳びです。一体どれぐらい飛ぶことができたのか?

世界記録で3m47㎝です。室伏さんは番組で立ち幅跳びをやってみたらこの記録を上回り3m60㎝以上の記録を達成することができたのです。専門的にそれを練習しているわけでもないのにあらゆる競技で伝説を残しています。

そんな、室伏選手って何か特別なトレーニングでもしているのでしょうか?体の割には力も圧倒的に強いですし、体重の割にはスピードもある。どう考えても普通の人間の身体能力だとは思えないのですが。。。

室伏広治の強さの秘密とは?

1.遺伝的な身体能力

まず、一つがハーフであるということです。こんな日本人は今までいなかったといいますけど、よく考えてみると室伏広治さんは日本人とハンガリー系ルーマニア人のハーフですからね。アジアの鉄人ともいわれたお父さん、同じくハンマー投げの室伏重信さん。

母親はやり投げのルーマニア代表のオリンピック選手セラフィナ・モーリツさん。遺伝子的にどう考えても強くならないわけがありません。努力だけでは何ともできない圧倒的な身体能力は生まれ持ったものです。

また、これはあくまでも噂ですが、重信さんの策略だったともいわれています。息子を強い選手にしようとあえて海外の選手と結婚して子供を作る…

2.体のあらゆる筋肉を鍛えこむ

室伏さんのトレーニングメニューを見ると、バーベルスクワットを行うにしても普通に行うのではなくバーに鉄球をぶら下げてあえて不安定な環境を作り出す。これによりどんな状況下でも体を安定さえようと軸の筋肉に強い負荷をかけることを狙っているのか?

身体能力を上げるために重りをしょって助走をつけてジャンプ。一見するとハンマー投げとは関係のなさそうなトレーニングも取り入れています。40kgのプレートをワイヤーに縛り付けハンマー投げのようなフォームで回転させる。

などなど、普通に機械的にスクワットを行うとかベンチプレスを行うとかそーいうトレーニングではなく重心が常に揺れ動く重りを扱う。そして、部位一つ一つを意識させる。脳、神経、筋肉を連動させるようなトレーニングを行っている。

このように、不規則に神経に刺激を与える。脳、神経、筋肉をつなげることで筋肉が大きくなるだけではなく筋肉の使い方を脳レベルでマスターすることで強い力、圧倒的な瞬発力を手にすることができたのではないだろうか?まあ、普通の人では考えられないようなトレーニングをしていることが彼の強さであることは間違いなさそうです。

パーソナルトレーニングジム-24/7

[PR]