PR記事

加圧シャツとは?着るだけでトレーニング効果が期待できるらしい。

「脇腹のぜい肉を何とかしたい!」

「下腹部のぽっこりお腹を何とかしたい!」

「夏に向けてバルクのある腹筋を作りたい!」

などなど、人によって体の悩みはいろいろとあると思います。

特に体の中でもお腹の悩みって深いですよね。
お腹、背中、この辺のぜい肉って頑張ってもなかなか落ちてくれないんですよ。
特に背中は厄介です。

そこで、この際だからスポーツジムへ入会して食事制限もしてトレーニングを頑張るというのも一つです。

しかし、よほどの根気がないとそれは難しいです。
ジムの楽しさ、食事制限の楽しさを理解できるのはダイエットマニアか筋トレマニアぐらいなものです。

好きでエクササイズや食事の知識を勉強できないとなかなか難しい。

そんな中で最近気になったのが、「加圧シャツ」というものです。
いろんなブロガーさんの記事をみると、「着るだけで痩せます。」というような記事を見かけますが本当なのでしょうか?

加圧シャツは着るだけで痩せるらしい。

当サイトでも加圧シャツはいくつか紹介しています。
ちなみに、それらは6つの加圧シャツなのですが。。。

スリムゼウス

金剛筋シャツ

ウルトラシックス

スレンダーマッチョプラス

マッスルプレス

『鉄筋シャツ』

になります。特にこの中でおすすめなのが、『スリムゼウス』という加圧シャツになります。

また、当サイトでは本当にいいと思える加圧シャツしか紹介しておりません。

加圧シャツ自体販売されてからすでに10年。

これまでにも様々な加圧シャツがリリースされてきましたが、その中でもよいものだけを選んでいます。
ですから、着るだけで強い加圧がかかり、加圧ベルトのように血管を圧迫させ成長ホルモンの分泌を促すことになります。

加圧シャツは様々なタイプのものがある。

1.加圧トレーニングの補助

昔からある加圧シャツはおそらくこれが大半でしょう。
加圧ベルトは皮膚の上から直接締めると、表面組織が破損するリスクが考えられます。
だから、何かスポーツウェアを着用して、その上からベルトを装着するということ。

そのついでにある程度の圧力が期待できるシャツがあればよい。
そういう加圧シャツの場合は着るだけではトレーニング同等の効果を得ることは難しいでしょう。
ですから、加圧トレーニング用の加圧シャツはおすすめはしません。

2.トレーニングウェアの上位版

スポーツウェアだとか、トレーニングサポーターのような加圧シャツもあります。
これらというのは、通常のトレーニングウェアよりも圧迫や締まりの力が強いのですが、有酸素運動であったり、筋力トレーニングをおこなうことにより初めて効果を発揮します。

皮膚に密着するので、そこから強い発汗作用が得られますからウォーキングする際にはおすすめです。
また、寒い冬などにこういった加圧シャツを着て外を歩いてもすぐに体がぽかぽかしてきますので、寒いを言い訳にトレーニングをさぼらなくなります。

3.着るだけで痩せる加圧シャツ

最近の加圧シャツの中では先ほどお話しした商品のように、着るだけで痩せるという加圧シャツもあります。
着るだけで痩せる加圧シャツは強い伸縮力により血管を圧迫させます。
これにより上半身に血液を一時的に集中させ自動でパンプアップを実現させます。

すると、血中の乳酸濃度が高まり、脳が誤作動を起こして、下垂体から成長ホルモンやアナボリックホルモン、アドレナリンを大量に分泌させます。成長ホルモンについては正常時の300倍も分泌されるといわれています。

このため、成長ホルモンの分泌量は高重度なウエイトトレーニングをおこなったのと同等と考えられるのです。

よって、特に体力や筋力が少ない方が有酸素運動で痩せようとしてもうまくいかない。
現実問題目的を達成できない。
とお悩みの方は、着るだけで痩せるタイプの加圧シャツを着続けるのがおすすめです。

加圧シャツをさらに有効活用するにはどうすればよい?

『加圧シャツだけでは物足りない!』『もともと運動が好き』『トレーニングするのは苦ではない』というのであれば、これをさらにトレーニングと組み合わせることにより強い筋トレ効果、ダイエット効果を体感できるでしょう。

そこでおすすめな併用方法をまとめてみました。

加圧シャツを装着してフリーウエイトに励む

加圧ベルトの難点は締め付けが強すぎて血流を一定量制御します。
その結果、挙上量が大きなウエイトトレーニングをおこなうとなると厳しいのです。

しかし、加圧ベルトほどではなく、程よい締め付け具合の加圧シャツを着てこういったトレーニングをおこなえば、筋繊維を破壊しつつ、加圧の効果も得られるので、効率よくバルクアップを狙うことができます。

有酸素運動と併用する

ランニング、エアロバイク、エアロビクスなど有酸素運動をおこなうときに加圧シャツを着用しましょう。

加圧を加えることで姿勢が強制されますので、基礎代謝を自然に上げることができるのです。
さらに、有酸素運動の効果をそこにプラスさせることができますから、普通に走るよりも脂肪燃焼効果は高くなるはずです。

加圧トレーニングと併用する

加圧トレーニングをおこなうときは、スポーツウェアなどを着用します。

なぜなら、素肌でベルトを締め付けると皮膚を傷めるからです。
そのため、それを守る何かしらのものが下に必要となります。
そこで、加圧シャツを選ぶのがとても効率的。

加圧ベルトの弱点は、腕と足しか装着することができないというところ。
しかし、加圧シャツならば胴体の部分にも圧迫を与えることができますから、加圧ベルトに比べて血管への負荷が弱いとはいえ、補うという意味では効果的です。

普段から加圧シャツを着ておく

確かに着るだけでは効果は薄いと思われますが、普通の服を着ているよりも締め付けによる基礎代謝を上げることは期待できます。

特にオフィスでのデスクワークをされている方で、仕事中も筋力アップを実現させたいならば、トレーニング以外にも日常から身に着けておくことをおすすめします。

パーソナルトレーニングジム-24/7

[PR]