ダンベルプルオーバーの効果的なやり方!重量選定についても解説します。

どうもこんにちは!

ベストボディナビの佐藤です^^

今日は、「ダンベルプルオーバー」という種目についてお話しします。

大胸筋を鍛える種目といえば、ベンチプレスもしくはダンベルプレスを想像されるかと思いますが、非常にたくさんの種目があるのはご存知でしょうか?通常のベンチプレス、ダンベルプレス、チェストプレスなんかは胸の横から垂直にウエイトを持ち上げます。

もちろん、大胸筋全体にも負荷はかかりますが、どちらかといえば中心に強い負荷が加わります。

しかし、大胸筋の中心部だけで鍛えてもカッコイイ胸板は作れませんし、ベンチプレスだけやっていても筋肉の成長に壁ができやすくなります。限界を突破する!形の良い大胸筋を作り上げるのであれば多種目取り入れたほうが効果的といえます。

そこで、ダンベルプルオーバーもメニューに取り入れてみてはいかがかと思いまして…ちなみに、この種目はベンチプレスなどのプレス系の種目とは違う筋肉の動きをしますので、刺激に変化を加えるという意味では非常におすすめなトレーニングです。

ダンベルプルオーバーとは?

アイソレーション系の種目

ダンベルプルオーバーはアイソレーション系の種目になりますので、ベンチプレスのように下半身、体幹に負荷を分散させて大きな重量を持ち上げるとういようなものではありません。どちらかといえば、ターゲットとなる個所に負荷を集中させる要素があります。

主に使用する筋肉は二か所で、「大胸筋の上部」「広背筋」となります。

動作が少し特殊?

ベンチプレス、ダンベルプレス、ダンベルフライ、ケーブルクロスオーバーなどいろいろな種目があります。これら大胸筋を鍛える種目の動作を見ると、ほとんどが「胸を押し上げる」「胸を閉じる」といった動作になります。

開いて押す、開いて閉じるの動作を組み合わせても筋刺激としてはアリですが、これらに共通しているのが体の横にグリップを構えて垂直に持ち上げる。もしくは、クロスして閉じる。

ところが、ダンベルプルオーバーの場合は頭上にダンベルを構えて、そこから円を描くようにダンベルを胸の上までもってきて収縮を狙います。要するに、縦に腕を縦に動かすか、横に動かすかの違いです。

ストレッチ&スクイーズ

ダンベルプルオーバーのフォームを見ると、ベンチプレスのようにアーチを効かせて大胸筋や広背筋のストレッチをかけています。筋トレは伸びているときにどのように負荷をかけるかというのも大事なことですので、このストレッチは筋トレ効果に関係します。

そこから、円を描くように腕を振りあげることで大胸筋、広背筋の収縮を狙います。強いストレッチがかかるからといって、スクイーズが弱いかといえばそんなこともありません。ストレッチ&スクイーズがしっかりとできる種目ではないかと思います。

ダンベルプルオーバーのトレーニングのやり方

1.スタートポジション

まず、ベンチとダンベルをセットします。ベンチを横向きにして肩を乗せて足は踏ん張りを作る。もしくは、ベンチプレスのようにベンチの上に横になり、ブリッジと踏ん張りを作ります。

次に、ダンベルを構え、肩を寄せます。大きな重量でやらない限りは肩を痛めることもないでしょうけど、肩の寄せを作ることで大胸筋のストレッチがかかりやすくなります。逆に肩の寄せを作らないと三角筋が出やすくなりますので負荷が三角筋にかかりやすくなります。大胸筋に負荷をかけたいなら肩を寄せることは重要なポイントとなります。

ダンベルを顔の上もしくは胸の上に構えてスタートとなりますが、ダンベルの片方を指を重ねるようにして支える形で持ちます。肘はやや曲げておきます。また、バリエーションになりますが、お尻を落として行うと広背筋へのストレッチが強くなりますので、もし、広背筋を鍛えたい場合はお尻を落としてあげるとよいかと思います。

2.ボトムポジション

肘は曲げたまま、大胸筋、広背筋のストレッチを効かせるようにします。ウエイトは腕で持ちあげるよりも、降ろすときは胸にウエイトを乗せながらストレッチを効かせながら降ろします。ここで腕の力を使って仕舞いますと負荷が腕に分散する形になりますので効果が下がります。

3.トップポジション

胸の上にウエイトをもってくるときも腕の力で持ち上げると負荷が分散されやすくなります。ですので、腕は固定した状態で、ストレッチがかかった状態から半円を描くようにしてダンベルを持ち上げます。そして、トップポジションにきたときは大胸筋の収縮を意識しします。このようにストレッチ&スクイーズが出来ることでトレーニング効果も変わってきます。

ダンベルプルオーバーの注意点

重量選定

ダンベルプルオーバーはコンパウンド系ではなくアイソレーション系の種目になります。そのため、1回、2回をマックスとして重量で行うのは少し非効率です。それよりも、しっかりと10回行って、ストレッチとスクイーズを効かせるやり方のほうがよいです。

また、ダンベルは非常に不安定になりやすいので、無理な重量で行うとけがの素です。それに、オススメなのは、コンパウンド系のベンチプレスなどで大胸筋を追い込んだ後、最後の仕上げとしてやるのが良いかと思います。そうすれば、無理な重量で行うこともないでしょう。

手首に関して

重量にもよりますが手首が負けている状態でウエイトを支える訳なので関節を痛めるリスクも否定はできません。そこで、余裕があればリストラップという手首を固定するために巻くリストバンドのようなものがありますのでそれを装着して行うとよいです。

ダンベルプルオーバーは肘の角度で効果が違う

大胸筋上部に効く

ダンベルプルオーバーを行うと強い収縮をかけられるのは大胸筋の上部になります。更にバリエーションの話になりますが肘を曲げて開いた状態で行うと大胸筋に負荷がかかりやすくなります。ベンチプレスなどの追い込みで大絵胸襟を鍛えたいなら肘を曲げて行いましょう。

広背筋に効く

脇腹にストレッチをかけるほかに重要なポイントがあります。それは、肘を伸ばして閉じて行うことです。ただし、ロック(肘を伸ばしきる)する手前ぐらいまでにしましょう。伸ばしきってしまいますとひじ関節に負担がかかる場合が考えられます。

パーソナルトレーニングジム-24/7

[PR]