ダイエット中に食べ過ぎても諦めないで!効果的な翌日のリセット方法はこれ。

せっかく覚悟を持ってダイエットに挑戦していたのに、楽しい飲み会やパーティーなどで美味しい料理がたくさん出てきてつい食べ過ぎてしまう日はきっとあるはずです。

そんなとき、楽しかったひとときを後悔してしまい、もう取り返しがつかないと後悔してしまう人も多いのではないでしょう。

実際は、食べ過ぎた翌日の自己ケアさえしっかり行えば、食べ過ぎたことをなかったことにしてリセットできるのです。ここではその方法について紹介します。

食べ過ぎたあとの48時間が勝負!

ついつい食べ過ぎてしまった後はすぐに食べた分が脂肪として吸収されてしまうことはありません。

食べ過ぎてしまったとは言っても、その後は消化、吸収へと進みますが、私達の体はすぐさまエネルギーが脂肪として蓄積される構造にはなっていないのです。

エネルギーは一度肝臓でストックされ、その後に余分な糖質がリンパなどに流れて脂肪として蓄えられるのです。排便もこの時間が関係しており、吸収しきれなかったエネルギーが最終的に老廃物として大腸を通り、便となる仕組みです。

エネルギーが肝臓でストックされている間はおおよそ48時間程度で、まだこのときは脂肪に変わっていません。

この48時間のうちに食べ過ぎてしまった分を調整してリセットすると良いでしょう。

ただ単に、もう取り返しがつかないと後悔するのではなく、取り戻すチャンスは2日もあると考えることができます。

食べ過ぎをリセットする食事方法

つい食べ過ぎてしまっても、翌日の食事を工夫すればリセットすることが可能です。

極端に断食をしたり一食まるごと抜いてしまうのではなく、一回の食事量を全体的に減らしながら、三食バランスよく摂取することが大切です。

ポイントは、できるだけ糖質を抑えることです。

お米やパンなど、糖質が多いものは控えるようにしましょう。

まぐろ、バナナ、納豆などはたんぱく質が大めで三大栄養素の代謝を促進させるビタミンB群を豊富に含んでいるため、お勧めです。たんぱく質は欠かさずに、糖質は少なめにするといういうことを覚えておきましょう。

普段から便秘気味だという人は、食事量は抑えながらも食物繊維のある食材を取り入れてみると、お通じが良好になります。

食事方法に加えて、消費カロリーを増やすために運動することを意識するとより効果的です。

食べ過ぎをリセットするコツをつかめば、自己調整ができるようになります。

いつもより水分を多めに摂る

食べ過ぎてしまった後は、食事法を工夫することはもちろんですが、それだけでなくいつもより水分を多めに摂ることを心掛けましょう。

豊富な水分量と食物繊維が組み合わさることで新陳代謝が良くなり、排便が促され、特に便秘気味で悩んでいる人にはとても効果的です。

水分を摂らないでいると胃もたれの原因になることもあるので要注意です。

さらに、通常よりも食べ過ぎると体内には余分な水分が蓄えられて体がむくんだ状態になります。

そうなると老廃物が溜まり、結果としてセルライトができやすくなってしまいます。

このような悪循環に陥らないためにも、水分はしっかり摂り、水分の代謝促進効果の高いカリウムが豊富な食品も取り入れてみると良いでしょう。

いつもはお菓子などの間食がある分を、水分の摂取に変えてみるだけで効果的です。

水分摂取は難しいことではなく簡単にできる自己ケアなので、是非取り入れましょう。

まとめ

食事は楽しく美味しく味わうことは大切ですが、ついたくさん食べてしまって後悔することもあるはずです。

そんなときは翌日の食事のメニューを変えてみたり、いつもより多めに水を飲んだり、さらにバランスの良い食事を心掛けることで体への影響がだいぶ変わってきます。

エネルギーが脂肪に変わるまでの流れや、調整したいときに必要な栄養素など、事前知識がしっかりあれば、正しく翌日のリセットができるようになります。

食べ過ぎても、諦めないことが大切です。