アナバー(オキサンドロロン)の筋肉増強に効果的な飲み方!副作用は危険なのか?

オキシメトロン、ダイアナボル、メタンジエノンなど筋肉増強剤は多数あります。こういった筋肉増強剤の中でアナバーという非常に有名なアナボリックステロイドをご存知でしょうか?メタンジエノンは強い効果があると伝えました。

メタンジエノン/メダナボルの筋肉増強効果を高める飲み方!副作用は危険という噂も…

しかし、メタンジエノンの場合は副作用も強くどちらかといえば男性向けのステロイドです。しかし、アナバーは男性も女性も関係なく使用することができますし、火傷によって負傷した場合にも早期治療を目指すステロイドとしても使用されます。

他にもアルコール性肝炎の患者に投与するなど医療の現場でも非常に役立っています。つまりは、非常に副作用が低いのです。副作用が強いステロイドを火傷により負傷した患者、肝臓にダメージを受けた患者に使うことはできないからです。

アナボリック作用の効果も非常に高い。尚且つ、男女ともに効果的であり副作用も少ない。これだけ都合のよいアナボリックステロイドはアナバー(オキサンドロロン)ぐらいなもの。とはいうものの薬物ですから間違えた使い方はできません。そこで、こちらではアナバーの安全かつ効果的な使い方についてお話しします。

HMB極ボディの効果がヤバい!亀田興毅も感動した次世代筋肉サプリを徹底解説!

アナバー(オキサンドロロン)が筋肉へもたらす素晴らしい効果とは?

メタンジエノンはテストステロンを人工的に再現したもの。それに対して、アナバーは男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)を人工的に再現したものといったところでしょうか?厳密には本物と全く同じではありませんが科学的に似たような物質を作った。そんなイメージです。

通常、テストステロンを増やし過ぎると反動でエストロゲンが分泌され乳首の受容体と結びつくことで女性乳房化するのです。だけど、DHTの場合は女性乳房化は起こりません。しかも、経口摂取で手軽に摂れる。

これで、ダイアナボル、メタンジエノンぐらいの効果であば、アナバーは完璧なアナボリックステロイドです。ところが、アナバーにも弱点がありました。それは、ダイアナボル、メタンジエノンほど強力ではないということです。

効果はこれらのステロイドと比較すれば随分と低いです。ただ、個人的に思うのが効果と副作用のバランスを考えればこれ以上によいアナボリックステロイドはないのではないかなと。副作用が強くても強い効果を期待するか。副作用は弱くある程度の効果を期待するかですね。

1.アナバーは高たんぱくな食事の二倍の筋肥大効果がある?

外傷を受けたりすれば人はタンパク質を摂取することにより皮膚や筋肉の再生が行われます。そのため高たんぱくな食事、プロテインなどのサプリメントなどを摂ることは効果的と考えられます。そこで、アナバーの筋肉再生効果を確認するためにこのような実験が行われました。

これは、重度の火傷を負った患者の再生を確認する実験です。Aグループは1日2回10mgのアナバーを摂取。Bグループは高たんぱくな食事を摂取。Aグループは6.5kg体重増し、Bグループは3.4kg体重増し。

つまりは、高たんぱくな食事よりも二倍近くのタンパク質の合成効果が期待できるということになります。しかし、オキシメトロンなど強力なアナボリックステロイドの場合この3倍なのでそれと比較すると弱いですね。

とはいうものの、副作用が低いということを考えて摂取すれば十分摂取する価値はあるのではないだろうか?と思います。

アナバー(オキサンドロロン)の副作用とは?

アナバーは他のアナボリックステロイドと比較すると随分と副作用は少ないです。大量にテストステロンを分泌することによる反動で生じるエストロゲンの分泌。これが乳房の受容体に結びつくこともありません。

つまりは失敗して胸に脂肪が溜まるということはありません。そして、肝臓への負担も小さいです。通常であれば錠剤の筋肉増強剤は17αアルキレート加工が施されているので肝臓でデトックスされません。

その分負担が大きくなるのです。ところが、アナバーは肝臓の病気を患っている患者さんにも使用されるので肝毒性は低いです。ただ、一つだけ問題があります。ステロイドにより成長ホルモンを大量に分泌してしまいますと、「テストステロンはもう十分だな。」と脳が判断するので長期間の使用はおおすすめできません。

アナバー(オキサンドロロン)を効果的に飲むには?

筋トレの初心者であればアナバーを使用して体を大きくするのは全然ありだと思います。しかし、ボディビルダーだったり、筋トレの上級者がアナバーを使用して体を大きくするのはあまり効率的なやり方ではありません。

上級者やプロの使い方は減量時の筋肉維持。減量時は筋肉が分解されやすいのでそれを避けるために使用することがあります。では、私たちのような素人がアナバーを使用して体を大きくするにはどうしたらよいでしょうか?

先ほどの話のように1日2回に分けて10mgの摂取。これを45~60日程度続けます。アナバーもほかのステロイドと同じです。テストステロンを大量に分泌させることでテストステロンの分泌能力が低下するのです。

ですので、テストステロンの分泌能力を元に戻すためにも1サイクルが終了したら1か月程度は休むようにします。この1か月は今まで通り食事と筋トレだけにしておくのです。このようにうまく活用することで大きく筋肉の成長が見込めるはずです。

アナバー(オキサンドロロン)はオオサカ堂で購入できるけど…

アナバーなどのアナボリックステロイドは日本でも比較的簡単に手に入ったりします。ただ、多くは偽物を販売している業者だったり、運営実態がわからないような怪しい業者も多数ございます。

また、筋肉増強の効果もあるでしょう。しかし、問題はそこではありません。ここまで、アナバーについて散々説明したうえで最後に落とすようなことをして大変申し訳ないのですが、当サイトでは絶対に照会できません。

他にもいろいろなメディアさんが紹介はしていると思いますが、未承認医薬品を個人輸入するところまではオーケー。しかし、それを製造、販売することはアウト。また、広告として紹介するのもアウト。

国から認可されている者であればよいのですが、そんなの証明できるものはありませんでした。つまりは、違法?とは断定はできませんが、オオサカ堂など国内で販売されているアナボリックステロイドはほとんど怪しいです。。。安全に体つくりをするならやっぱHMBでしょ。

おすすめ記事

BULK HOMME