HMBサプリメントは効果なし?詐欺だといわれる理由について。

本日は、

HMBサプリメントに注目してみたいと思います。

ここ最近、

「飲むだけで筋肉がつくサプリメント」
「プロテインの効果を超えたサプリメント」
「HMBを飲んでいれば勝手に筋肉が付いてくる。」

などと謳った広告を見受けることがありますが実際それで効果がありましたでしょうか?

私自身、HMBに対しては悲観的ではなく、むしろ、効果的な商品として考えています。早い話が筋トレサプリメントの人として見ていますので別に詐欺まがいな商品であるとこれぽっちも思ってはいません。

ただ、Yahoo知恵袋などを見ているとHMBサプリメントは悲観的なのが現状ですそこで、今回はどうしてこれほどまでにHMBが炎上してしまったのか反省点を含めて考えてみたいと思います。

大袈裟過ぎる誇大広告がネットを荒らした原因だと思う。

1.HMBは飲むだけでは筋肉はつかない

ネット上を荒らした原因はおそらく、「飲むだけで筋肉が付く」「ジムに行かずともこれを飲んでいれば大丈夫だ」のような表現で売り込んでいたことにあると思います。加圧シャツなどもそうですが着るだけで筋肉が付くとか、飲むだけで筋肉が付くなんてことはあり得ないです。

筋肉増強剤ですら飲むだけよりも、タンパク質の摂取やトレーニングを組み合わせたほうがバルクアップは期待できるものです。では、HMBといえばステロイドの一種なのかというと全然そんなことはなく、必須アミノ酸のロイシンの合成物です。アミノ酸を飲むだけで筋肉が付くわけがないです。

2.何故アミノ酸を飲むだけでは意味がないのか?

アミノ酸を摂取するだけでトレーニングをしないというのは意味がないのではないか?ということですが、これに関しては意味はあります。たとえば、HMBをただ飲むだけでとりあえずトレーニングをしなくてもある程度筋肉を維持できる。

分解の抑制という効果は期待することができます。

人の細胞はタンパク質=アミノ酸で構成されているようなものです。皮膚、髪の毛、爪、血管、血液、筋肉、ホルモン、こういったものはすべてアミノ酸です。また、そのアミノ酸は常に入れ替わっていますから何もしていないとしても摂取する意味はあるのです。

もしここで新陳代謝に対する栄養摂取が間に合わない場合は筋肉であれば分解を起こしますし、肌であれば肌荒れやシミの原因になります。ですので、アミノ酸というのはないもしなくても摂るべき。ただ、何もしないで摂取してもいつもと変わらない状態をキープするだけです。

HMB本来の意味を知って摂取するなら何ら問題はないはず。

1.ひと昔前のプロテインも似たような印象だった。

状況が異なりますが、10年、20年ぐらい前のプロテインは「飲むと寿命が縮む」とか「筋肉増強剤の一種だろ?」とか世間にそんな印象を与えていたような気がします。今でもたまにいますが、「プロテインで作った筋肉だな。」とかおっしゃる人…

一応、説明しておきますが、プロテインは単なるタンパク質です。それを動植物から集めただけのモノであり別に特別なものでも何でもありません。豆腐を大量に食べるよりもソイプロテインを飲んだほうが早いでしょ。



牛乳を何リットルも飲めないからホエイプロテインというモノがあるのです。効率的に動植物のタンパク質を摂取するための加工食品でありそれ以上でもそれ以下でもないので特別なものではありません。

2.HMBも筋肉をつけるための栄養補助食品と考えるべき

HMBも栄養補助食品であると考えれば素晴らしいサプリメントだと思います。例えば、トレーニングをしている最中は筋肉をものすごく使っているので分解を促す行為でもあります。こういうときに得HMBサプリメントをあらかじめ摂取しておけば分解を抑制することもできます。

空腹時にもそれが言えます。空腹時は筋肉が非常に分解されやすいときになりますが、ここで糖質ももちろんですが、HMBでアミノ酸を摂取することは効果的です。さらには、トレーニングを終えた後は素早く筋肉へ栄養を供給したいですよね。

それに、ジムへわざわざプロテインを持っていきシェイカーで溶かすのは大変です。それを考えると錠剤やカプセルでの飲めるアミノ酸サプリメントほうがある意味効率的です。そんな時にHMBを飲むのはおすすめです。

HMBがあればプロテインは必要ないは嘘!

これも誇大広告の話ですが、HMBが万能薬のように謳っているサイトがありました。最近は炎上により随分少なくなった気がしますがこれはおかしいです。では、どうしてHMBだけではダメなのか?これについて解説します。

ロイシンを摂取すると体内で代謝されてHMBに変換されます。これが損傷された筋繊維同士を繋ぐ材料となるのですが、筋肉を作るには間接的な要素も重要です。たとえば、成長ホルモンの分泌は筋肉の成長において必要不可欠。

この成長ホルモンはHMBで作ることはできません。

それよりも、アルギニンなどのアミノ酸が重要になります。ですので、マルチビタミンと同じで結局はプロテインを飲んで必須アミノ酸のバランスを整えたうえでHMBを摂取したほうが効果的に栄養摂取することができるのです。

そもそも、吸収率を高めるためにはいろいろな栄養成分と同時に取ったほうが効果的です。もちろん、吸収スピードを重視する場合はその限りではございませんが、HMBさえあれば大丈夫ということではありません。

結論!HMBサプリメントは詐欺でなければ効果はある。

以上のことからもHMBサプリメントは効果があります。

けれども、

「HMBサプリメント一つでジムに行く必要がない。」
「HMBを飲むだけで筋肉が付く」
「HMBさえあればもう何もいらない」

といった誇大広告のように効果があるものではありません。

あくまでもサプリメントの一つ、栄養成分の一つであるという考え方をすれば効果を発揮することができるでしょう。実際、ロイシンという筋合成アミノ酸の代謝物なのでそれを摂れば筋肉が付くのは間違いなし。

ただ、しっかりとトレーニングで負荷をかけた場合、基本的な栄養バランスが整っている場合に限るといえるでしょう。

つまりは、HMBサプリメントはどちらかといえば、すでにトレーニングをされている人が飲んだほうが効果があります。ジムに通っているけどなんだか効果がイマイチだとか、プロテインは飲んでいるけど筋肉がなかなか肥大していかない。

こういうところでお悩みならばぜひHMBサプリメントを摂取していただきたいです。